メニュー

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)とは主に赤ちゃんから学童期までのお子様がかかる皮膚の細菌感染症です。黄色ブドウ球菌と呼ばれる細菌が原因のことが多いですが、時に溶連菌やMRSAといった毒性のつよい細菌が原因となることもあります。当院では患部から浸出液を採取して、どのタイプの細菌が原因となっているか確認し治療に役立てています。抗生物質の塗り薬と飲み薬で治療します。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME