メニュー

じんましん

じんましんとは、蚊に刺されたようなかゆい発疹(膨疹)が短いスパン(1~2時間)で出たり消えたりを繰り返す皮膚病です。ほとんどの場合、かゆみを伴います。短時間に出たり消えたりを繰り返すのが一番の特徴で他の皮膚病にはない特徴です。発症から適切な治療が開始されるまでの時間が長いほど長引きやすくなる疾患ですので早めの皮膚科受診をお勧めします。

原因と検査 

主に食物、気温の変動、気圧の変化、日光、風邪のウィルス、ストレス、疲れなどをきっかけとして引き起こされます。アレルギーが原因と考えられる場合にはアレルギー検査で原因の解明をしていきます。アレルギー検査に関しては、こちらをご参照ください。

治療

  1. 抗アレルギー薬:抗アレルギー薬が第一選択となります。アレルギーも含めた外的な刺激に対する反応を抑える飲み薬です。花粉症など他のアレルギー疾患にも用いられる内服薬です。弱い薬から強い薬までありますが、重症度に応じて使い分けます。基本的には効果のある強い薬ほど眠気を誘う特徴があります。
  2. 外用薬:痒みを抑える効果のある「レスタミン」という塗り薬を処方します。しかし治療の主体は抗アレルギー薬の内服になります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME