メニュー

ニキビ・ニキビ跡治療

にきびとは、毛穴の出口が固くなり毛穴が閉塞することにより角質が毛穴に貯留しブツブツ(コメド・白ニキビ)を形成する皮膚トラブルです。コメドでニキビ菌(アクネ菌)が増殖すると赤ニキビになります。

保険診療 

塗り薬

  1. アクネ菌を殺菌する抗生物質 例)ダラシン・アクアチム(ナジフロキサシン)・ゼビアックス
  2. 過酸化ベンゾイル製剤(アクネ菌の殺菌と角質を溶かす効果)例)ベピオゲル・デュアックゲル
  3. アダパレン製剤(毛穴の固くなるのを抑えコメド形成を抑制)例)ディフェリンゲル(アダパレンゲル)
  4. 2過酸化ベンゾイルと3アダパレンの配合剤:エピデュオゲル
  5. アゼライン酸クリーム(多彩な効用でニキビを抑えます。妊娠中の方でも使用できます)※2200円(15g)詳しくはこちらから。

飲み薬

  1. 抗生物質(アクネ菌を体の中から抑えます。)例)ルリッド・ビブラマイシン・ミノマイシン等

レーザーピーリング(自費診療)

レーザーピーリングとは、スペクトラというレーザーを用いて、そのピーリング作用により毛穴のつまりや角質の乱れを改善し、肌質改善をはかることによりニキビの新生を抑制します。それに加え皮膚真皮層の線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの増生と引き締めをはかり肌のキメを整え、ニキビの再発を防ぎます。 月に1回のペースで1クール5~6回の治療が必要です。 12000円/回

スペクトラに関しては...こちらをご覧ください

 

ニキビ跡の治療(自費診療)

当院ではフラクショナルレーザー治療を採用しております。フラクショナルレーザーとは、微細なレーザーを肌に点状に照射することでニキビの炎症で変性した皮膚(真皮)を一度壊し新しい皮膚(真皮)へと入れ替えていく治療です。真皮が新しく生まれ変わることでコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が大量に生成されキメ細かい弾性力のある素肌を蘇らせます。

フラクショナルレーザーによる皮膚の再構築過程

フラクショナルレーザーの治療成績

...詳しくはこちらをご覧ください

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME