メニュー

シミ・あざ治療

シミ(老人性色素斑)・あざ治療・刺青除去

当院ではシミ・あざの治療に最新型美容レーザー機器スペクトラQスイッチヤグレーザーを採用しております。スペクトラは532nmという“メラニンに対して最も破壊力のある波長”のレーザ光を発振できるレーザー機器です。またパルス幅が非常に短いため周りの皮膚のダメージを最小限にしてメラニンのみを選択的に破壊できるのが特徴です。(あざや刺青に対しては病変部が深いため皮膚深くまで到達する1064nmの波長のレーザー光を照射します。)
老人性色素斑(加齢によるシミ)雀卵斑(そばかす)、扁平母斑、太田母斑(アザ)に加え刺青の除去にも効果的です。
¥1000/直径1mm

 

ルートロピール:美白治療・色調改善

顔全体に広がる雀卵斑(そばかす)や色ムラ、くすみなどの美白治療・色調改善にはスペクトラルートロピールをお勧めしております。皮膚の深くまで到達する1064nmの波長のレーザー光をパルス幅の短いQスイッチモードで中空照射することにより皮膚表面だけでなく皮膚の深い部分にアプローチし美白効果、色調改善を促します。

12000円/回

 

シミ(老人性色素斑)と肝斑の違い

一般的にシミといいますと紫外線曝露を主な原因とする老人性色素斑のことをいいます。紫外線は外部から顔面の皮膚に不均一にあたりますのでシミの分布も下のイラストのように不均一となります。一方、肝斑は主に30代から40代の女性の頬骨あたりに発症することが多く、原因は女性ホルモンの変化やストレスが原因ではないかと言われています。内因性の要因が主な原因と考えられておりますので肝斑の分布は左右対称となります。

老人性色素斑と肝斑の治療は異なります。老人性色素斑の治療を肝斑に行いますとかえって症状が悪化することが多く、治療開始前に皮膚科専門医による鑑別が重要となります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME