メニュー

肝斑治療

肝斑とは頬骨のあたりや額、口の周りなどに左右対称に現れる30~40代の女性に発症することの多いシミです。原因には女性ホルモンやストレスが関連しているといわれています。またレーザー治療を行うとかえって悪化することが知られています。

当院では肝斑に有効な内服薬(保険診療)

  1. トラネキサム酸
  2. ビタミンC
  3. L‐システイン

の三点セットと合わせて乳酸ピーリングとトラネキサム酸のイオン導入をおすすめしております。 (自費診療)

¥3,960 トラネキサム酸イオン導入 
¥5,940 乳酸ピーリング+トラネキサム酸イオン導入 
¥8,140 乳酸ピーリング+トラネキサム酸・ビタミンCイオン導入img_kanpan

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME